7routeplanet

創作脳内整理と雑多趣味

煙草は吸えないが、人が吸うところを見るのは興味がある。

19歳の夏、久々に会った小学校来の友人三人と会った日。
もう一人の友人の家に向かう最中で、隣の友人は、僕に一言謝って、タバコを一本吸い始めた。


バツが悪い顔をして、「ごめんね」なんて言って。
久々に会って、変わらない人なんていないと思っていたし、君がいつか成人する前にタバコを吸うなんて、なんとなくだけど判っていたから、僕は「いいよ」とだけ返して、友人がタバコを吸い終えるのを待った。


マルボロイトメンソールのロング。


君らしいなぁと思った夏。

観音様や仏像が気になるのは絵本の所為だ

こどものとも、だったか。
幼少時代に家に置いてあった、ぺらっぺらな読み聞かせ絵本で、好きな話を二つ覚えている。


ひとつは、「くまのはいしゃさん」だったか。
「がらごろぺっぺのくまっぱち」
みたいな合いの手の入るうがいの仕方が好きで、実際にそう言いながらうがいをしていた。


何無理なうがいをしていたのだろうな、僕は。


まぁ、それはいいんだ。


あともうひとつ記憶に残っているのは、インドの神様のような神様(悪神だったかもしれない)がお嫁さんをもらったのだが、お嫁さんが人形…で?


猿が出てきて宝物をくすねていって…?
人形のお嫁さんがばたーん! と倒れて動かなくなってしまったのをみた神様が、お嫁さんがしんでしまったといってめっちゃ泣いてる話。


この話だけは自分でも何度も読み返した覚えがある。
実家に残っていないあたり、おそらく処分されてしまったのだろう。


また読みたい。
図書館ありそうか。
まぁ、たまに思い出す程度でもいいんだ。


あと、雲の名前だかなんだかが載ってる絵本もあった気がする…
その本も好きだったし、自分は雲と友達なんだと思い込んでいたことがある。


割と、今でも雲とは縁がある気がする。
天体ショーの時に限って曇るとか。
雨降りそうな日に外出すると全く降らずに、屋内に入った途端に降り出すなど。


雲と青空のコントラストは昔から好。
空がより青みを増す。
藍色の空。
青色の空。



ということで、先日の夜明け雲。
光が漏れてますよ、御天道様。

月に寄りたいならば、超望遠レンズか望遠鏡か

一眼レフを手にしたのが2017年か。


いつか月を自分の手で撮影したいと思って、それが出来るようになったのがその頃。
月を撮影するためにどのような調整をすれば良いかをウェブで調べ、必要なレンズを買いに、閉店10分前の秋葉原のヨドバシまで買いに行ったことを覚えている。


https://twitter.com/fiyalzha/status/860473732577480706?s=21


7分前だったな。
月が撮りたい一心で、必要なレンズを買いに行った。
その時に買ったレンズはマクロと望遠で、望遠は300mmのもの。
僕の経済力で手に届く範囲のレンズがそれだった。



(初めて撮影した月の写真は、今手元に出てこないため、あとで差替)


初めて撮影できたときはやはり嬉しかった。
クレーターや海の部分を自分の手で撮影できたのだから。

だが、もし出来るなら、もっと近くに寄りたい。


そう。
月の写真を撮りたくて。
出来るならもっと寄りたいと思っていて。


先日、家電量販店へレンズを見に行ったときに、スタッフの方に話を伺ってみたところ、スタッフの方が私用で使っているレンズの話をしてくださった。


スタッフの方は動物を撮影するために600mmの望遠を使用しており、三脚必須は当然として、600mmを持ち運ぶには流石に重いという話だった。


重くはあるが、それだけ寄ることもできる。


天体望遠鏡も考えてはいるが、僕は割と様々な場所へ飛ぶことが多いので、できるならレンズと三脚で。
いや、本当は天体望遠鏡も欲しい。


月齢9.99

月齢3.47


いずれはもっと近くに寄りたいが。
しばらくはこのレンズで月を撮影する。
クレーターの撮影は面白い。