7routeplanet

創作脳内整理と雑多趣味

20191112 2356-0042

twitter抜粋。

 

僕は、自分が他人と判り合えないのを知っているので、幻滅されようと、嫌われていようと、声を掛けたい人には声を掛けるし、質問はするし、挨拶はするし、声を掛けるのをやめない。
僕は僕のしたいことする。
離れるなら追わない。
ただ、距離感は判らん。
会いたい人には会いたいと言う。

 

僕は一体、何の理想だったんだ?
なんとも思っていないわけがないのに。
その程度で僕は人間を嫌いになどならないし、いつも通りでいてもらいたい。

誰かの笑顔が今日も在るのが僕は嬉しい。
それを奪ってしまったなら、素直に謝る以外の術がわからない。
判らん。
僕はいつも通りにする。

 

僕は優しい人にはなりたいが、甘い人にはなる気はない。
言いたいことは言う。
それが上司でも。
自分よりひとまわりふたまわり上の方々でも。
言わなきゃ伝わらないんだ。
口に出さなきゃ伝わらない。
言わずに距離を窺うより、言って嫌われたい。
本心しかぶつける気はない。

 

此処は文字列の支配する世界で在るから。
確と言葉で伝えたい。
本心で呟きたい。
其れが建前か本音かなどは、無機質な文字の羅列からは読み取れない。

だから、いつでも本心で呟きたい。
悔しいときは悔しいと言う。
嬉しいときは同様に。
伝え方が判らんときは本当に判らん…どうすればいい…

 

誰もが本心で呟けるわけではない。
本心で呟けないこともある。
其れも判っている。
判っている。
そういう時、心が弱音を吐くんだ。
目の当たりにするものから目を逸らすんだ。
知っている。
判っている。
其れも全部ひっくるめて、自分であり、他人であることを僕は認める。
それしかできない。

TGSの話じゃない。歩数の話。

f:id:fiyalzha:20191108185149j:image

立冬二日前の横浜の朝。

随分暗。

それはさておき。

 

十二回連続で訪れていたTGSに、今年は行くのをやめてしまった。

理由は単に、他の私用で忙しく、行く暇が全く取れなかったためだ。

 

だが、TGSが肌に合わなくなってきたと感じ始めたのはここ最近で、特にスマートフォン向けのゲームアプリが顔を覗かせ始めてからは、回りたいブースもずっと減ってしまった。

 

それくらい、私はソシャゲをほぼやらない。

一応、ゲームアプリはいくつか入っているが、その中で唯一続けているのは、知る人ぞ知る万歩計ゲーム、Walkr。

https://walkrgame.com/jp

f:id:fiyalzha:20191108175505p:image

ゲーム開発元の説明は割愛。

f:id:fiyalzha:20191107222256p:image

私はすげー歩く。

外に全く出ない日もあるが、外に出ると大抵一万歩は超す。

ちょっと遠出すると二万歩。

 

f:id:fiyalzha:20191107222501p:image

これは今年の五月に京都を練り歩いた時の歩数。

初四万歩到達。

流石に足が棒になるかと思。

 

Walkrでは、歩いた歩数に合わせてエネルギーというものが溜まる仕組みなのだが、この時に溜まったエネルギーは以下の通り。

f:id:fiyalzha:20191107222732p:image

 

ついでに、その時の燃焼カロリー。

f:id:fiyalzha:20191107222755p:image

よく歩くよな。よく歩くんだ。

歩くと見たことのない景色が見えてくる感じで面白い。

写真で残しておけるとなお良い。

 

f:id:fiyalzha:20191107223534j:image

夕暮れの東京タワー。

 

目を向けたときにはっとする景色に出会えたら、いつでもそれがシャッターチャンスなのだろう。

出来るなら一眼レフで撮影したいところだが、撮りたいときに持ち合わせていないことのほうが多。

だから、スマートフォンでぱしゃりする。

まだ見たことのない景色を見に行きたいと、いつも思っている。

 

例えば、Nintendo Switchソフトのゼルダの伝説BoWは、ハート4つ、がんばりゲージ1でマップのほぼ全域を踏襲した。ゲーム自体はクリアしていない。

私にとってのゲームクリアとは、マップを全て詳らかにし、実際にそこまで歩くこと。その辺りは自由に遊。

※ゲーム写真は覚えていたら後日UP予定

 

また、マインクラフトにおいては、建築よりもギミック制作よりもひたすらマップを埋めることに興味を持つ。こちらは未だ始めてはいないが、暇が出来れば始めてみたい。

 

もう、ひたすらでいい。歩いていたい。それが六時間でも、八時間でも。それが真夜中から夜明けとなっても。

f:id:fiyalzha:20191108182011j:image

今朝、立冬初日に撮影した冒頭同景色。

何故か手元がブレて景色が流。

本音には本音を、建前にも本音をぶつけたい。

他人か他人との距離の取り方を眺めてきて感じたもの。

Twitter抜粋。

 

 

創作界隈に身を置いていて、そのTLを眺めていると雰囲気が会社みたいだなって思ったことがある。
最近気付いたのが、会社じゃなくて、創作しているひとが一つ一つの企業なんだなってこと。

そう思うと昔からそうだよなって腑に落ちた。

 

お互いの作品を認めて讃え合うのは当たり前ことで、これからも末長く付き合いたいから、その間の距離を取る、図る…
たまにこの人たちすげー昔から見知った仲なのに、なんでいつまでも他人行儀なのかなって思ったことがあるのだが、それで距離を取ってるってことなんだよな…

 

自分・他人だけでなく、他人・他人でもその風景はよく見かける。
あの人たちはあの人たち同士で、それが彼等のお互いの距離なんだなって。
創作界隈のTLを眺めたときに感じて、なるほどなぁと。

 

ただ、「タメ口OK」とか、「仲良くしたい」と言っている人たちが、何でいつまでも他人行儀なんだろうなぁって思うことはある。
それと、仲良くなると社交辞令は違う。
言いたいこと言い合ってたまに心へぐさって来ても許せるのは仲良しだと思うが、傷付けないよう取り繕うのはただの社交辞令かなとは。

 

僕は会社で普段から社交辞令やってんので、Twitterまで社交辞令はやりたくない。
だからフォローフォロワー関係無く言いたいことや意見、疑問は飛ばすし挨拶もTLで見かけたらする。

誰も傷付けない世界って素敵なように見えるが、それが当たり障りないただの社交辞令な世界になるなら僕は抜けます。

 

思い遣りともまた違う。
思い遣りとは当たり障りなく接することではなく、お互いがお互いを気にかけて、いざというときは手助けできるものだと思っている。
手助けしてもらいたいけどする側にはなれないというなら、社交辞令の世界で生きればいい。

僕はそんな世界に興味は無いな。

 

会社で社交辞令普段からやってるって呟いたが、無駄に褒めるとか人持ち上げたりはしない。
言いたいことは上司相手でも意見を通す。先ずは言う。
話し合わないと分からんもんは分からんままだからな。

 

結局、建前で返された人とはその先も建前でしか話せなくなるのか嫌なんだよな…

他の方はどう思ってんだろうな…

 

もう少し考えるか…

 

忖度…
忖度か…

忖度って言うのかな…
ちょっと時間が欲しい。